マッカサとワァーッは

ストーンとハサミは

むしろ、アメリカの雑誌にしばしば詳しい説明が行われている。これは日本のジャーナリズムにも大いに責任があるが、在外公館が組織的、積極的にこの種の情報収集を行っていないからではないかと思う。これは第二次大戦当時、の海軍では各艦ごとに情報将校が配属されていたが、日本の海軍の場合は各艦に通信将校しかいなかったことに通じるものがあるように思われる。これに関連して、ふれておかなければならないことは、在外公館の専門職員を重用すべきことである。

置屋の朝は女衆が門前や玄関を掃除して打ち水をすることから始まります。芸妓、舞妓は毎日、朝からお稽古に出かけますので、下駄を揃えておくのも仕事です。次に女将が使いやすいように仏壇や神棚を整えます。舞妓になる前の仕込みの子も学校に行く前に女衆の仕事を手伝います。岩崎では常時女衆が二人いました。朝ご飯の後、仕込みが学校に行き、女衆は掃除、洗濯、買い物と忙しく働きます。

②各学校の役割(学校の半民営化による競争原理の導入)各学校は小学校から大学まで、校長や学長が社長の小企業の形態をとり、学区制等を廃止することにより学生各々が行きたい学校を選択できるようにする。各学校に対する国や地方自治体からの助成金は獲得生徒一人当たりいくらということで一律規定する(公立学校の校長の評価も獲得生徒数による)。そしてそのカネを何に使用するかはまったく各校の自由とする。

もっと素直に、我々は、政権の座から滑り落ちてしまった、悔しい!と言えばいいものを、創価学会にイチャモンを転嫁してくる。そして、コケ脅かしに「憲法」まで持ち出しながら、正統な論議は避け、自己流の解釈で押し通そうとする。そんな強引体質の改善が、国民から求めらえこじれているのに、その頑迷さが依枯地に進化してしまっている。改めて「憲法二十条」の第一項を記しておこう。信教の自由は、何人に対してもこれを保障する。

この他、ここに取りあげる絵本は、ジェイムズ・ジョイス文ジェラルド・ローズ画、丸谷才一沢ムズ・ジョイス文ジェラルド・ローズ画、丸谷才一訳『猫と悪魔』(小学館)、J・ワグナー文R・ブルックス絵大岡信訳『まつくるけのまよなかネコよおはいり』(岩波書店)、ハンス・フィッシャー文/絵石井桃子訳『これこのぴっち』(岩波書店)、ワング・ガアグぶんえいしいももこやく『Ⅲまんびきのねこ」(福音館書店)である。

たとえば「難民問題」はよりよく解決できるであろうか、ECの政治・通貨統合を目標とする「マーストリヒト条約」の批准は順調に進むのであろうか。世論調査をみるかぎり、ドイツでもこの条約の是非を国民投票に問うたら、反対が多数を占める可能性はかなり高いのが実情である。「悪い民主主義者たち」の意見がドイツをあらいかたに導いていく危険はないといいきれるか否か。「政党国家」の弊害はたしかとしても、ではどうして「ポピュリズム」の危険を避けうるか否か。

翌日は休日のため、月曜日といっても何となく楽しい気分でありました。小田急線の代々木上原駅で、千代田線直通の電車に乗り換えます。私はドア付近に立ち、外の景色がだんだん地下鉄の黒い壁に変わっていくのを見ていました。会社は日比谷線の八丁堀の近くなので、霞ヶ関駅で日比谷線に乗り換えるのです。流されるようにしていつも通り日比谷線霞ヶ関のホームの真ん中、売店の付近で電車を待っていました